MENU

利便ピルは薬舗や薬屋の出荷で支払える?

直ちに呑む不可欠のあるアフターピルですが海外では普通に一般の薬局で売っています。
楽天やアマゾンで手に入れば楽なのに!って思っている女性は大勢います。

 

ここでは簡単にドラッグストアで買えないので入手する戦略を簡単に説明してある。

 

アフターピルはドラッグストアで選べる?

アフターピルはイマージェンシー避妊薬として、72歳月以内に服用する結果効力を得られます。
但し週末や長年引退などで病院がお休みの時困りますよね。
それならば事前に購入して、手元に置いて置き手軽目指す近辺。
お薬が販売されていると言えば薬局ですが、アフターピルは出荷も並べるのでしょうか?

 

アフターピルは、薬局で商売はありません。

 

アフターピルは元来作り方をもらい購入出来る物品なので、薬局などで自由に購入出来るものではありません。
病院以外で購入出来るのは通販になります。

 

海外医薬品の輸入代わりページで私立輸入することで、作り方無しも購入する事が出来ます^^
私立輸入であれば好きな時に購入出来るので、何かデメリットが起きて慌てる必要もなく、またお越し料金もかからないので金銭的にも病院から安く手に入れることが出来てオススメです♪

 

アフターピルはアマゾンや楽天で支払える?

 

アフターピルを通販で選べるのであれば、Amazonや楽天市場でも購入出来るのでしょうか?
みてみると、Amazonも楽天商圏もアフターピルの商売はありませんでした。
調べた近辺、そんなメールオーダーサイトでは薬事法の関係で商いが禁止されているみたいです。
それで購入するのであれば、取り敢えず海外医薬品の輸入代わりページで私立輸入をするという様式になります。

 

アフターピルの代は如何程がマーケットなの?

 

「アフターピルは病院がベスト割高」「私立輸入の方が短い」などと聞きますが、それではじつはそれぞれマーケットはどのくらいなのでしょうか??

 

病院で処方してもらう場合

アフターピルは自由治療となるため、保険が効きません。
また病院で処方されるアフターピルは2種類あり、それぞれ代が違う。
「ノルレボ」であればお薬代のみでざっと1万。
お越し料金なども合わせて1万5千円〜2万円はかかるとみておいた方がいいです。
「プラノバール」は合わせて1万円位とノルレボよりも安いですが、反発が強かったり呑む錠個数がダブルだったりするので、高額ですがノルレボを望まれる人が多いだ。
もしも病院で処方してもらうのであれば、余裕をもって3万円見ておきましょう!

 

私立輸入の場合

お越し料金もなく、お薬本体もいやにお安く販売されています。
大勢1器物(2錠入)が1200円〜6000円で購入出来ます。
まとめ買いをする結果Offが効いたりもするので、個人的にストックしておくのにオススメです◎
但し、人気のものは直ちに品切れ状態になってしまうので日にちに余裕をもって購入しておきましょう。