MENU

対応ピルを常用していいのか

主人やダディーとの性行為の時、ゴムをきるのが痛くて不向きというお客は結構います。
もてなしピルを飲めばおめでた控えるんだから、セックスの度に飲めば簡単でいいんじゃない?

 

なんておもうのは無闇だ。
もてなしピルは果たしてピンチに呑む方法なので何度も服用する薬ではありません。
もてなしピルを常用するリスキーにあたってご説明します。

 

もてなしピル投薬先々週でもう避妊につき服用するのは安全?

もてなしピルは、体内に大量のホルモンを入れ、必ず子宮時分膜を剥がしておめでたを予防します。
服用してから数日後に出血(生理)が起きたら避妊命中。
その後にまたボディーは正常な状態に戻ろうという行なう。
主流出血(生理)が起きるのは早くて3日先々〜1週先々と言われていますが、個人差があるので必須とは言えません。
2週後に出血(生理)が起きたというお客も見かけますので、1週経っても出血(生理)が起きないからと言って焦らず、心配であれば処方してもらった母親科などに相談してみて下さいね。

 

仮に、もてなしピル投薬1週後にふたたび避妊失敗の課題が起きてしまった折・・・。
更にもてなしピルを服用しても大丈夫なのでしょうか?
特に威力ですが、前回服用してから出血(生理)が起きているのであれば、もう服用しても効果はあります。
まず出血(生理)が起きてカラダがリセットされたので、二度との投薬でおんなじことを繰り返すだけというかたちになります。

 

もしもまだ出血(生理)が起きていないのであれば、服用しないことをオススメします。
本当に前回のもてなしピルの威力が何も起きていないため、改めて服用しても効果がありません。
逆にホルモン兼ね合いなどを壊したりして、避妊の成功率を下げてしまうケー。
仮に1週後に服用する状況になっても前回の出血(生理)が起きていないのであれば、様態をください。
以後出血(生理)が起きれば、2回瞳の避妊放棄も同時に予防された事になるので投薬は改めて講じる必要はありません。

 

ただし体への心痛が高いので、出来れば短期間での投薬は避けたいものです。

 

常用するっていかなる影響があるか

 

ではもてなしピルを常用するという、体へはどういう影響があるのでしょうか?
先ほども述べたルート、もてなしピルは必ず子宮時分膜を剥がし、強制的に出血(生理)を起こさせておめでたを予防させます。
ホルモンを体内へ押し込み自動的放出させるので、短期間でホルモンの急増・急弱化をするは体にとりまして非常に心痛になります。
心痛が幅広いだけでなく、頭痛や吐き気・不平等出血を中心とした副作用もあります。
また中には「血栓を作りやすくやる」という副作用もあり、常用すると脳不調や心臓不調を引き起こす可能性もあります。
なので、本来は医者できちんと処方してもらわないといけないんですね。
こんなにも心配の厳しいもてなしピルを常用するのは、絶対に止めましょうね!

 

もてなしピルの処方は医者診療すれば保険エンブレムは必要だが通販なら無益

 

但し、医者によってしまうと保険エンブレムが必要となる結果、ファミリーにバレてしまう可能性もあります。
案内が案内だけに、出来れば誰にもバレることなく終えたいですよね・・・。
そんなお客は、通販を利用しましょう。
通販であればお家でポチっと講じるだけなのでファミリーにバレる心配もなく、最近ではインデックスを分かりづらく包装していただける業者も沢山あります。
「勝手に鞄を開けられるかもしれない!」
という顧客は文章局留めも可能なので、近くの文章局に自ら受け取りに行くことが出来ます^^

 

最近では様々な方法でもてなしピルを購入する事が出来るようになってきています。
手頃にキープ出来て、いざという時に頼りになるもてなしピル。
但ししつこい様ですが、常用は絶対にやめて下さい。
日頃の避妊を充分行ない、徹頭徹尾変事避妊薬として服用してくださいね。