MENU

アフターケアピルとメンスの脈絡は?

アフターピルを飲んだ後半、生理の回転はどうなるのか設問ですよね。
ここでは取り入れ後の生理においてご説明します。

 

アフターピルを飲んだ後半来月の生理はいつくるの?

 

避妊に失敗してしまった時に望まない懐妊を防ぐ為に服用するアフターピル。
72間隔以内に服用するため効能を得られると言われています。
アフターピルは体内に大量の婦人ホルモンを差し入れ、着階するまえに子宮中膜を強制的にはがすことによって懐妊を防ぎます。
取り入れから数日後に強制的に生理(消退出血液)が起きるといった、避妊到達となります。
アフターピルによる生理(消退出血液)は1度のみで、その後は自然の生理がきます。
では実際、来月の生理は何時訪れるのでしょう。
やっぱり回転はずれてしまうのでしょうか?

 

本当は来月の生理は、排卵日光前と排卵日光将来生理の時期が変わってきます。
今回は排卵前と排卵後のアフターピルの取り入れ時による生理回転へのインパクトにあたって説明していきます。

 

排卵前取り入れの場合

 

排卵前にアフターピルを服用し懐妊の予防に成功するといった、数日で生理(消退出血液)が起きます。
だいたいの場合が3日光〜1ウィークで出血が見られます。
もしも1ウィーク以来経っても出血が起きない場合は、産婦人科へ相談してみましょう。
子宮中膜がもとから乏しい時なので、出血の本数も乏しい傾向にあります。
元来来るべき月日から早い段階で消退出血液が起きるので、来月の生理も早い時期に現れることが多いです。

 

排卵後半取り入れの場合

 

排卵後にアフターピルを服用するし懐妊の予防に成功したパターン、本来の生理狙い日光に生理(消退出血液)が起きる場合が数多くみられます。
元来来るべきだった生理と、アフターピルを服用して強制的に起きた生理が同行となっているので排卵前にアフターピルを服用して出血が起きたパターンから出血の時期が遅いので不安になり易くなる。
自然の生理と同じ時に消退出血液が起きるので、生理回転は壊れにくく、来月もほぼ予定通りに生理が来ている人が多いようです。

 

アフターピルの取り入れを通じて来月の生理回転が乱れてしまっても、概してが3ヶ月程でスパイラルが安定して来る。
ただし、がんらい生理不順の場合は安定するまでに数ヶ月かかってしまう場合もあります。
また精神的な痛手などで生理回転が落ち着きがたい場合もあるので、いまひとつ困り過ぎないようにしましょう。

 

アフターピルは婦人のカラダにとりまして極めて気がかりの大きな薬だ。
アフターピルの繁忙は外し、日頃からの避妊を敢然と行うようにしましょうね。